「台風15号、19号」の当社サービス業務への影響、及び被害への支援について

2019年10月21日
株式会社 大崎コンピュータエンヂニアリング

「令和元年台風15号および19号」の当社サービス業務への影響、
及び被害への支援について

このたびの台風15号、および19号により、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

大崎コンピュータエンヂニアリングは、千葉、東京でのデータセンター運営を始め、社会と地域住民の皆様の安心安全の確保のため、ICTインフラをはじめとするお客様システムの安定稼働に全力で取り組んでおります。この度の連続の台風通過と頻発した停電の影響の中、データセンターは通常通り稼働し、運用スタッフ、技術部門も非常時のシフト体制を取り、オンサイトも含めてお客様サポートに従事致しました。現在は通常通りの運営を行っております。

なお、大崎コンピュータエンヂニアリング、大崎電設、大崎システックは被災地の復興に役立てていただくため、1000万円相当の義捐金を拠出することを決定いたしました。拠出先などの詳細につきましては、関係各位とご相談の上、決定してまいります。

大崎グループ一同、被災地の一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

以上

導入事例一覧

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る