LGWAN-ASP スマートフォン施設利用申請サービス

LGWAN-ASPサービス上での施設利用申請サービス

自治体の各施設の窓口では、利用される方に対して、インターネット予約の有無にかかわらず、別途、紙の申請書に住所や氏名を記載していただき提出していただく場面が多くみられます。
そこで当社では、スマートフォンで施設利用手続きが行えるサービスを開始しました。
自治体の職員様におきましては、各施設、施設全体の利用者状況作成(日次、月次利用者集計、年齢、性別ごとの分析)などの事務処理も瞬時に行うことができ、業務の効率化が実現できます。
サービスのご提供環境はLGWAN-ASPサービスですので、個人情報が含まれる情報も安全に管理をすることが可能です。
市民サービスの向上を図るDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進事業として、どうぞご利用下さい。

OCEGATE 健康増進施設利用サービス(ASPコード:A831136 )

施設の利用申請を「紙」から「電子」へ

利用者は施設を利用する際、今までは紙の申請書に毎回氏名・住所を記入する必要がありました。「OCE 施設利用申請サービス」の導入により、QRコードを用いて利用者登録や施設利用申請を行うことができるようになります。1度登録を行うことで、次の利用時からはQRコードだけで申請が可能です。
施設窓口ではQRコードを読み取るだけで受付完了となり、読み取った内容はデータ連携されるため、職員様は今まで申請書を見てパソコンへ入力していた手間がなくなり業務効率化につながります。

<特長>

  • 自治体の施設利用申込みをスマートフォンから行うサービス
  • LGWAN-ASPによるサービス提供でセキュアな環境を確保
  • 利用者の記入・入力負担、自治体職員の事務処理負担を軽減
  • 対面処理を軽減することで自治体庁舎、施設の混雑による3密を回避
OCE LGWAN-ASP 導入イメージ

OCE LGWAN-ASP サービス構成

自治体の様々な受付業務へ応用

「OCE 施設利用申請サービス」は、自治体の様々な受付業務に応用が可能です。

<自治体受付業務への応用例>

  • 各種セミナー、研修会への参加申請、入場券
  • マラソン大会、花火大会等の各種イベントへの参加申請、入場券
  • ボランティアの受付
  • 公民館やホール、会議室の利用申請
  • 各カルチャー教室等の利用申請
  • 各窓口相談(福祉相談、罹災等)の受付

製品・サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

導入事例一覧

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る